作品名:この歌もいつか《song&write by:丘蒸汽/since.1973/albumのすたるじあ》
音楽を聴くには上の▶印をクリックしてネ
♫
*因みに…この楽曲は…50年前に発表された作品です…🎸
 センチメンタルな秋の夜長にピッタリです💔

 耳に優しい夕暮れは
サワサワと風に揺れる
ススキたちのかすれ声が聞こえる…
 その根元に集まり
ジィ〜チロリロリィ〜ン!と
雑談話に夢中な虫たちも…
 ボクの足音に気づき
近づくにつれポッカリ静寂の穴が開く…
その時…山でヒグラシがカナカナと鳴いた。

 進まない原稿に気分転換
六世帯だけになってしまった集落へ
ちょっと一服のブラ散歩…
 あの芦北heavy rain以来
集落とも自然に親密感が縮まり
気楽な会話ができる様になった…
 それにしても見かけるのは
庭に落ちた柿の実に群がる
カラスやスズメバチ…
 猛暑に負けた柿もアケビも今年は不作
またも「おまけの当たり」の一品が
消えてしまい残念な秋風が吹く
…

 山から降りてくる夕方の風
肩をあらわなボクには
ちとばっかり寒いと感じるが…
 竹ぼうきで柿の枯葉を
ま〜るく掃き集めた
焚火の煙と熱に汗がにじむ…
 夕飯前のひと仕事
今晩の楽しみ栗ご飯
愛妻様と二人マロンな食卓で…

 決して人生を諦めない
せっかくの思いに応えるには
複数の答えを持ち順応するだけ…
 これが良いとかあれが悪いとか
比べないし安易に決めないから
悩みに悩んだ
どれみ人生…
 少しずつだけど土と馴染み
まだ細いながらも根を張り
茎葉を
茂らせることが出来たかもネ…💕
 葉っぱの一枚一枚が元気である様に
綺麗な花が咲かなければ実も着かない
ボクが元気の素を率先して食べなきゃネ…😋
 そして 草が大切だョって
ボク自身に向かい采配を振り
耳に優しく歌い続けるョ…🎻
 村明みなさんにとって
どうぞ幸福で平和な時間が
少しでも持てます様にってネ…☮ 

 

 感じて謝ることが
真の感謝なのかも知れません
だって他の命を頂いて生きてるんだもんナ〜
だから ごめんなさい…お陰さまで…
いただきアースだョネ🙏💕☮

Follow me!

カテゴリー: 天波ジャーナル