作品名:We Love The 農明《song&write by:Tempa chidow/since.2003.》
上の▶印をクリック
♫

 遠い 遠い 生まれる前のボク
父ちゃんも 母ちゃんも生まれる前
ひい婆ちゃんも ひい爺ちゃんも
生まれる 生まれる ず〜っと前……。

 寒い 寒〜いシベリアで
亀の島への旅を選んだ仲間たち
石斧一本と 縫い針一本持って

インディオの聖地さ 里づくり
 「オーホレ オーホレ♫
  ボクは待ってるョ。

  この世が生まれかわるまで…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 蜂の巣穴みたいナ 無数の部屋
蜘蛛の巣みたいナ 放射線の円網
木ツツキの巣穴みたいナ 水玉模様
それでも とにかく 二重らせんの階段の果てまでも…。

 

 

 

 

 

 頭の中にあるイメージに向かい
彫刻刀めがけ 金づちを打ち下ろす。

 何回振ったかなんて考えてないし 数えてないョ!
そんなこと 両腕の筋肉が
痛みを以って数えてくれてるョ…。
 それより何より 
打ち損ねて 叩いた親指と人差し指の腫れが
これ以上ひどくならないよう

集中! 集注! 集中😅 

 「オーホレ オーホレ♫
   ボクは待ってるョ。

   この世が生まれかわるまで…」


 

 

 

 

 トントントン! トントントン!
板の上を丸刃刀が削りながら滑ってく
その時クスノキの神聖な芳香が宙を舞う。
集中! 集注! 集中力アップ。

 アンカーを目指し ただ ただ 彫り進める
スタートを決めたのも アンカーを打ったのもボクだ!
あとはピリオドは何処なのか?を決めれば良いだけ…
だが まだまだ遠く先のことのようだ 🙄 

「オーホレ オーホレ♫
   ボクは待ってるョ。

   この世が生まれかわるまで…」

 

 

 

 

 

 なんでボクは ナイフや楽器を手にすると
無心で反復動作をしてしまうのだろう?
考える間も無く 手が指が勝手に動き
失敗の上塗りを繰り返し 天波流は熟練させてゆく。

 何の為に…誰の為に……?なんて今は良く解んないけど…
きっと自分の為には役立っているのだと思う😻
そして このバカスイッチが入り反復動作にハマるのは
DNAレベルであることだけは確かだと思う😜

  「オーホレ オーホレ♫
   ボクは待ってるョ。

   この世が平和に生まれかわるまで…」

 芸術の秋 ボクのバカスイッチは またも紅葉(高揚)する。
もしかしたら 💡  遠い 遠い昔 ボクのご先祖様は
米インディアンの酋長だったのかも…⁉︎とふと思う✨
まぁそんな訳ネェーか!ただのコメディアンの村長
天波の田和言にお付き合い下さいまして ありがと燦々とSUN(笑
)😅

Follow me!

カテゴリー: 天波ジャーナル