作品名:Tanks to all the peopl《song&write by:Tempa chidow&percussion-orashion/since.1993.12》上の▶印をクリック♫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ホームページ編集長のS2MU3君から
「天波さん!Moving Dragon Tourって言われたって
ライブツアーなのか?パワースポット巡りなのか?
初めての人には何だか解らんすョ!
何のツアーなのか?解説を書いて下さいっす!」
「そうですョネ。はい解りました!
でもボクが解説すると長くなるし
余計に解らなくなるんじゃないかナ〜😅
 とにかく書いてみますネ✒

 

 雲であり 川であり 岩であり
渦巻くように 曲り進むもの
神に憧れた使者は 龍神なり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何をしでかすか予測不能
得体は知れないが人には友好的
「神聖」「尊い」ものとしての龍神。
 東洋ではヤマタノオロチ 九頭龍
竜王 青龍 ナーガとして祀られ
西洋では主にドラゴンとして
蛇=サタンの化身として扱われる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 過去その様な生物がいたのか
どうかはその分野の方にお任せして
ボクは単に共通する幾つかのものから
イメージしたのをライブツアーの
タイトルにしただけのことです。

 

 その共通点はボクが辰年であること
日本が龍の形に似ていること
日本三大急流の球磨川から旅立つこと
農行の「農」の漢字には
「曲」+「辰」と記されていること
天然パーマの天波人生にぴったりんこ😜
 所詮自らが引き寄せているのですが
言い換えればボクの中に龍神への
憧れがあると言うことでもありますョネ!

 

 

 

 

 

 

 実は人一倍プライドの高い
ボクですから「八百屋の行商」では
ちょっと侘しいかナ!😂と当時思い
Moving Dragonと名付けたのでした。
強そうだしかっこいいじゃんネ〜💪
 まぁやっていることは
野菜や味噌をひろげ大風呂敷ひろげ
おまけに歌まで唸って
投げ銭を頂くのですから
八百屋の行商そのものですョネ😅

 

 

 

 

 

 

 熊本葦北に移住してから
もう二十年が目の前を流れていきました。
 持続可能な農行を核とした
食物連鎖的ネットワークの構築を夢見て
ボクなりの農的暮らしを続けて来ました。
 そして その農的暮らしを維持する為に
実践し始めたのがMoving Dragon Tourです。
ボクの歌で一人でも明日を夢見てくれたなら
Moving Dragon Tour.No.16は大成功です。
 そして 人々の心に夢が生まれる限り
曲がりくねりながらでも
時代は夢に向かい流れてゆくと信じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 いつまでやり続けられるかなんて
誰れも解らないし解りたくもない。
 でもまだ動ける。動きたい。
音もだちに逢って言葉にならない
お陰さまでお世話様のありがとうを
伝えるため ボクは再び歌旅に出るのです。

 

 

 

 

 

 

 

『Thank’s to all the people』

⑴君との約束 今も忘れない

 だからこの時も ボクは歌う

 人はそれぞれの 命に刻まれ

 めぐり逢う人と 長い路を歩く

Thank’s to all the people 

忘れかけた宝物をありがとう

 

⑵60億の 人の住む地球

 君の優しさで 花を咲かそう

 やがて君たちも 好きな人が出来

 遠く旅立つ日 またこの歌唄おう

Thank’s to all the people 

忘れかけた宝物をありがとう

Thank’s to all the people 

意味もない歌だけど君だけに

Thank’s to all the people

君の思い天に届けThank you 愛楽歩友

Follow me!

カテゴリー: 天波ジャーナル