作品名:馬鹿は丘の上《song by:Tempa chidow/since.1998》上の▶印をクリック♫

 

 

2月10日(土)にNPO法人いただきアースの正式なオフィース兼forest-lounge「百の家」を開設しました。とは言ってもまだ全てが完成した訳ではありません。

ボク等の限りない夢の庭園として完成する為には残りの99%をどの様に創造していくかに掛っています。

まぁ慌てず…出来たしこ…出来たしこのプロセスを楽しんでやってゆきますので温かい目で見守ってやって下さい!

                                

 

 

 

                                                   【現在進行中のvision】

《学》 《芸》 《食》 《住》

・大人の小学校。

・農workshop。

・PCスクール。

・古民家活用塾。

・イベント企画&制作。

・各種デザインの制作。

・Water-Crest-Label。 

・アートギャラリー開設。

・粋なり甘夏の生産。

・無農薬野菜の生産。

・農産加工品の生産。

・organicパーティー。

・空き家紹介。

・organicショップの開設。

・「百の家」カフェ施工中。

・キャンピングPOCTの紹介。

 

*上記項目は既に取組んでいるもの またはPC上でシミュレートしてきたものです。
 今後はH.P︎を通じて いただきアースが厳選した逸品を紹介するネットショップも開設します。

⚫いただきアースのOffice&forest-lounge「百の家」は、国道3号線より15分ぐらい山手に入った
 農村地帯の広がる 大きな空を見上げるのどかな田園風景の中に佇んでいます。

 

⚫今回開催された古民家活用塾の為の準備は、週末を利用して4週間前から行われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

⚫メンバーは夕帆&天波&ススム君&橋本ちゃん&一閣君!毎回持ち寄りのお昼ご飯が楽しみに準備を進めてゆきま。

 

 

 

 

⚫ご近所の方にもご協力頂き綺麗な赤土も集まり準備万端です。そろそろ参加者が集まり始めましたョ。

 

 

 

 

 

 

⚫ご近所の斎藤宮司さんによる事業の成功と工事の安全を祈願していただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

⚫宮上誠先生の「土を活かし、土と生きる」をテーマにした講演が始まりました。
 陶芸家・画家・彫刻家と多彩な才能を活かし「山は宝だ」を口癖に、鹿児島県出水市の山奥に
 山丸ごと「東雲の里 」あじさい園を独りで造ってしまい。それも癌を克服しての体験談では
 「人生の結果は やるかやらないかの二者選択だ!」とのバイタリティー溢れる熱弁に
 参加者の皆さんも目を丸くして話に聞き入っていました。
 かと思うと時々出るジョークに皆さんもリラックスされ、土間作りへのモチベーションも上がりました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⚫夕帆の掛け声とともに、土を捏ねる人・運ぶ人・叩く人に別れ土間作り(三和土)は始まりました。
 ⑴まずは赤土の中から小石など余分な物を取り除きます。
 ⑵赤土をかくはん機の中に投入し、消石灰とにがりを入れしばらく撹拌します。
 ⑶慣れないと不安定なねこ(一輪車)に積んで次々と家の中に運び込みます。
 ⑷運ばれた土をトンボやクワを使い平らに均してゆきます。
 ⑸さてこれからがメインの三和土(たたき)です。女性も体重を乗せてトントン!トントン😊!

 

 

 

 

 

 

 

⚫お昼は地元の漬物名人、つや子さんの手作り田舎弁当をみんなで食べました。
 昼食後は宮上先生から寄贈された紫陽花の植樹式を行い、そして、土間打ちの後半戦へ…。
⭐余談になりますが、前述した「現在進行中のvision」の他に最上級の難しい夢があります。
 実はその夢はこの「植樹式」に隠れているのです。
 何故?forest-lounge「百の家」と命名したのか?答えはその経緯にあるのです。
 ここの地名は芦北町米田19番地ですが、米田に統合される前は「百木」と言う地名だったので
 その「百木」の由来に因み「百の家(もものけ)」と名付けたのでした。
 元来地名に多く使われる「百」の音は(もも)(どど)で、川が音を立てて流れている様子に
 由来すると云われています。もしや「百木」とは、大関山からの豊富な水の恵に栄えた森林を
 開墾して出来た土地なのかも知れません…?
 そんな訳でforest-lounge「百の家」では、「百」と「木」にこだわり百本の木、それも花木を
 植えてゆこうとのことになっていまったのですバイ!言うは易く行うは難し…!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⚫ご覧下さい。こんなに綺麗な土間が叩けましたョ!皆さんの熱い思いが入ったせいか
 なんだか土間が温かく感じられました。それでは皆さん揃って記念写真を…パシャ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⚫お疲れ様の打ち上げでは、これまた地元で獲れたシシとシカのジビエ料理に、天然真鯛鍋に
 どれみ村のオーガニックサラダ。そして、いただきアース名物の「たこ焼きアシージョ」とご馳走三昧でした!

 

 

 

 

 

 

 

 

⚫エンディングはunit八百萬爺のライブ。左から宗くん・ユキ姉・チーボー・一閣君・天波・小野・松本さん。
 ラストはお決まりの「丸米カノン」で大盛り上がりしました🎵

 

 

こうして第1回古民家活用塾はつつがなく大成功をおさめお開きとなりました。

 

ここが初めの一歩。これからの百歩 楽しむか 苦しむか…。
だから トン トン トン…! 考えたら負けョ! トン トン トン…!
やるか やらないかで明日が決まる。
だから トン トン トン…! 考えたら負けョ! トン トン トン…!
百の家に集まれ 集まれ よしきた あしきた あしたきた♨ 

Follow me!

カテゴリー: 天波ジャーナル